ずっと絵の勉強をしたいと思っていました。それがようやく叶う事になったのは先々月の事です。 それ以来ずっとデッサン教室へ通っています。絵は全くの憧れだけで始めたので、元々全然上手ではありません。 そんな私がなぜ絵の習い事をしているかというと、あるブログの主の描いた鉛筆画のような絵を自分でも描いてみたいと思ったからです。 緻密な描写で人物、または対象物そのものを描き切っている様に、感動すら覚えたんです。鉛筆ひとつでこんなにも表現が出来るものかと。それ以来ずっと時間が出来たら習いたい、絵を一から教わりたいと思っていました。 今はその方の様になれるなんて思っても居ませんが、少しぐらいなら近づける、数年かければ近づけると思いながら、教室で習っている最中です。 自宅でもデッサン教室で習った手法を再現するのに、スケッチブックに向き合って、まずは形をとる練習を繰り返している最中です。 今は下手ですが、こうやって過ごすのはとても楽しい時間に感じます。